独立開業

記帳代行のメリット・デメリット

記帳代行は、会計事務所(税理士事務所、税理士法人)にもお客様(法人・個人事業者)どちらにもメリット・デメリットがあると思います。
そこでそれぞれの立場からメリット・デメリットを書いていきます。

会計事務所から見た記帳代行のメリット・デメリット

メリット

請求書・領収書などを送ってもらう・預かれば良い
お客様の請求書・領収書、通帳をじっくり見て処理するのでお客様の資金の流れがわかりやすい
記帳代行分の報酬が上乗せして請求できる

デメリット

請求書・領収書などをなかなか用意してもらえず試算表が出来ない
入力作業に時間が掛かる
毎月・毎年同じような処理なので成長しない

記帳代行は会計事務所は職員を安く雇って任せているのが現状です。
会計事務所に入りたててあれば、OJTとしてはいいやり方です。
しかし、入力作業は時間がかかり、単純作業になります。
入力作業ばっかりに時間が取られ他のスキルが伸びないです。

お客様から見た記帳代行のメリット・デメリット

メリット

請求書・領収書などをを送るか渡すだけで良い
会計ソフトを導入しなくても良い
簿記の知識がなくても良い
経理の負担が減る
ひとり社長・フリーランスの場合本業に集中できる
・やっていくことにより数字に強くなる

デメリット

試算表が出来るのに時間が掛かる
領収書があるのに経費になっていないものがある
・頼める会計事務所の選択肢が限られる
・任せてしまうので経理のスキルが伸びない
・間違いがあった場合に見つけにくい
・会計事務所になにかあった場合に対応しにくい

今はクラウド会計などで操作しやすい会計ソフトが多いです(安いかは微妙ですが)
エクセルで帳簿をつける方法もあります。
自計化をした方が融資の際に銀行に説明するときも説得力もあります。
自計化できるのであれば自計化した方がいいと思ってます。

まとめ

個人的には記帳代行サービス自体悪いとは思ってません。
特に起業したてでや、パソコンの操作が苦手な人にとってはお願いした方がいいと思います。

現状どのような方針でやっていくか悩んでいます。
とりあえず自計化の支援をしていくプランを作りたいと思ってます。

ABOUT ME
秋山 涼
令和に独立開業したひとり税理士です。自分のこと・考えてることなど発信していきます。