独立開業

freeeの税理士向け独立開業サポートの説明を受けてきました

クラウド会計を検討しており、freeeに税理士・公認会計士向け独立・開業サポートの仕組みがあり、freeeの本社に行って説明を聞いて来ました。

freeeの独立開業サポート

freeeの独立開業サポートは今年の2月に始まったサービスとのことです。
freeeの士業のための独立開業サポートで無料説明会の申込みが出来ます。

無料説明会はfreeeの本社に行くオンラインでも受けることが出来ます。
(本社が最寄りだった為、支社や営業所で受けれるかは確認していません)

freeeに行く場合担当者との予定だけではなく、会議室が空いているかでアポイントが取りづらいです。

なお、本社に行く場合は午後に行った方がいいです。
今回は、午前中にアポイントを取ってしまった為、出社時間にぶつかってしまいエレベーターが混んでました。

無料説明会ではfreeeの説明(会計ソフトがメインで、税務ソフトは少し)、認定アドバイザー、税理士検索freee、独立開業サポートプログラム、料金などの説明がありました。

ちなみにホームページには”開業準備に必要なものを特別価格で”とありましたが、説明がありませんでした。
担当者の方がブログを見ていらないと判断してくれたのだと思います。
実際に説明されたらいらないですと言ってたと思いますので、ありがたかったです。

さて、説明会の内容ですが、ネットに書かないでと言われたことが多くあり、何を書いて良いか、駄目なのかわからなくなったため詳しくは書きません。
(じゃあ記事にするなという突っ込みは勘弁してください)

freeeの説明(会計ソフト、税務ソフト)は、今までfreeeをいじったことが有りませんでしたので、丁寧に教えて頂きました。
クラウド会計初心者の自分にとっては凄く便利な機能が多いなというのが感想です。
ただ、操作を説明されても操作しないと分からないなと言うのが本音です。

料金の高さがネック

税理士向けの料金についてはホームページに全く無く説明会で聞くしかありません。
説明会では記帳代行プランの料金について説明を受けました。
1年間は特別価格で提供をされますが、正直その料金でも高いと思いました。
(金額について書きたいですが書けないです。すみません)

会計だけでなく税務やその他もろもろのサービスも含まれているからの金額なんだと思います。
そして、税理士紹介の面もあるから高くなっている気もします。

売上が無いので毎月の固定費を減らして行こうと考えていましたので月額の料金についてはネックになります。

まとめ

他の方のブログだとfreeeでもMFクラウド会計のブロンズメンバーのような制度も有るようなのですが、まったく説明はありませんでした。
前までは研修を受けると認定アドバイザーになれるとホームページに書いてあったと思いますが、今は記載がありません。
今から使い始める税理士はそういう制度が無いのかもしれません。
(単に聞かなかったから説明しなかった可能性もありますが)

とりあえず”1年このプランでやって1年後に続けるか再検討する”か”freeeを諦めるか”少し検討しようと思います。

 

ABOUT ME
秋山 涼
令和に独立開業したひとり税理士です。自分のこと・考えてることなど発信していきます。