IT

電子書籍hontoを使っている理由

電子書籍はKindleを使っている人が多いと思いますが、僕もKindleを使っていますがメインで使っている電子書籍はhontoを使っています。

hontoを使い始めたきっかけ

hontoを使い始めたのはもともと丸善によく行っていた為、本を購入時にhontoカードを貰ったのが最初のきっかけです。
その際に電子書籍200円のクーポンを貰ったのでそこから使い始めした。

ちなみに、今は初回購入時に30%オフクーポンが使えます。
(何冊でもOKで、最大5,000円まで割引になります)

※アドレスが変更になる可能性あるのでリンクは貼ってありません

 

使い始めたのは2013年からで、頻繁にクーポンが配られたり、ポイントバックキャンペーンをやっていたので使用頻度が高くなりました。
現在ではクーポンの割引率が低くなり、ポイントバックキャンペーンは全くやらなくなりましたが。

hontoの魅力

hontoビューアアプリ

hontoビューアアプリはパソコン、スマートフォン、タブレット端末で5台まで利用可能になっております。
Fire OSは対応していませんのでFireタブレットでは使用できないみたいです。

コミックなど続刊があるときはこのように続刊ありと表示されます。

購入していない商品は薄くなっていてクリック(スマートフォン、タブレットではタップ)すると商品購入ページに行くことができます。

 

電子書籍と紙の書籍の融合

hontoはホームページでハイブリッド総合書店と謳っています。

hontoのホームページのマイページではMy本棚があります。
これは電子書籍で購入した本も紙の書籍で購入したものもまとめて表示されます。
hontoのホームページで購入したものやhontoの提携書店(丸善、ジュンク堂、文京堂)でhontoカード提示して購入したものは自動で登録されます。
他の書店で買ったものは手動でMy本棚に追加出来ます。

これによりダブって購入することを防ぐことが出来ます。
電子書籍、紙の本(提携書店、通販)を購入した場合

My本棚に手動で登録した場合

hontoのホームページでは電子書籍のみだけでなく紙の書籍も購入することが出来ますが、店舗で購入したい場合、提携書店(丸善、ジュンク堂、文京堂)に在庫があるか分かります。
My店舗を登録(最大5店舗)を登録しておけば書籍のページで確認出来ます。
ただし、リアルタイム反映ではありませんので注意が必要です。

廣升さんの『会計事務所クラウド化マニュアル AI時代のサバイバル戦略
』ですとこんな感じになってます。

全店舗から探すをクリックすると都道府県ごとに表示されます。
こんな感じで都道府県ごとに表示されます

クーポンが頻繁に来て安く買える

hontoはクーポンが頻繁に来ます。
これを書いてる時点で13クーポン来ています

13クーポンと言っても使いにくいクーポンが多数です。
出版社が限定されていたり、ジャンルが限定されているものが多いです。
前は30%オフクーポンが頻繁に来て半年ごとに50%オフクーポンが来ましたが、最近は20%オフクーポンがほとんどです。
それでも20%オフクーポンでも安く買えます。

また、Kindleストアでもありますが、hontoストアでも電子書籍の割引があります。
現在Kindleストア、hontoストアともにテニス漫画のベイビーステップが全巻セットが20%引きになっています。
上の画像がKindleストアで下の画像がhontoストアです。

少しの誤差がありますが、どちらも20%引きになっています。
これだけ見るとポイントの差でKindleストアで購入したほうが良いと思いますが、hontoストアではこれからクーポンが使えます。


20%OFFから20%OFFクーポン使用で約64%の金額で購入することができます。

コミックだけではなくビジネス書もセールになることがありますので、その際に購入するとお得です。

読割50は便利

hontoでは読割50というサービスがあります。
紙の本で購入したものを電子書籍で購入した場合50%オフになるサービスです。

紙の本の通販で購入したものでも、店舗(hontoカードの提示が必要)で購入したものを問わず電子書籍で再度購入すると50%オフで購入することが出来ます。
(購入から5年間の制限はありますが)

対象商品は電子書籍になっていることと商品ページに「読割50」のアイコンが付いてることが条件になっています。

詳しくはhontoの読割50について を参照してください。

上の画像が通常の状態で、下の画像が読割50が適用されている金額になっています。

このように自動で50%オフになります。
一度紙の本で購入して、断捨離等で破棄する際に電子書籍に切り替える際に便利です。
ただし、読割50で購入する場合クーポンが使えませんので注意が必要です。
セールとクーポン適用の方が得な場合があります。

まとめ

hontoの電子書籍は人によっては使いづらいみたいですし、クーポンやキャンペーンも改悪があり、評判は良くないですが結構気に入っています。

hontoの通販は発送が遅いので急ぎの人はお勧めはしません。
ただ、hontoの通販で出来るラミネートフィルムを貼る(図書館の本みたいに)フィルムコートサービスは評判良いみたいです。

色々な電子書籍使うと不便かもしれませんが、試して使ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
秋山 涼
令和に独立開業したひとり税理士です。自分のこと・考えてることなど発信していきます。