IT

パソコンを導入~パソコンを探すには~

ようやく仕事用のパソコンが来ました。
プライベートのパソコンは持っていてそれでブログを更新していましたが、仕事は仕事で分けたいと思っていましたのでパソコンを新調しました・

必要なスペックを考える

まずパソコンを購入するにはスペック(性能)を考えなければなりません。
低スペックなパソコンは作業効率が落ちますので、もちろん選択しません。
しかし、ハイスペック過ぎるパソコンは贅沢すぎてもうちょっと稼げてからにしようと考えました。
そこで必要最低限なスペックのパソコンにすると決めました。

そこで自分が考えた最低限なスペックは、
CPU:Core i7かCore i5
メモリ:8GB
重さ:1.5Kg以下
ストレージ:SSD(出来れば256GB以上)
認証:顔認証又は指紋認証付き

このぐらいのスペックあれば十分かと思います。

この条件が満たして良さそうな『Surface Laptop 2』になります。
『Surface Laptop 2』は税込で158,540になります。
予算的にもスペック的にも申し分ありません。

しかし、他にも良いのが無いか探してみました。

パソコンの探し方

まずはどんなパソコンがあるか探す必要があります。
色々見ましたがヨドバシ.comと価格.comの検索が便利かと思いました。

ヨドバシ.comで探してみる

ヨドバシ.comのノートパソコンのページにいきますと、左側にスペックで絞り込みが出来るのが表示されてます。
これで先程のスペックで絞り込みをしてみますと97件出てきます。
ここからメーカーや予算を絞ることでさらに絞れます。

価格.comで探してみる

価格.comのノートパソコンのページにいきますと左側に絞り込み条件を一括追加があります。
これをクリックすれば複数条件で絞れます。


先ほどと同じようにスペックで検索すると350件出てきました。
ヨドバシ.comよりも多いですが色違いも1件となりますので実際のパソコンの件数は少ないです。

ヨドバシ.comと違いメーカーの直販サイトが出てきますので選択肢は増えます。

店頭で見てみる

ネットでは色々出てきますが実際に触ってみました。
ヨドバシカメラ秋葉原店ではメーカーごとの展示だけではなくて、厳選パソコンとして特集コーナーがありました。

また店員さんに話を聞いて見てみました。
店員さんはメーカーの人だったので色々話しを聞いてある程度目安を付けられました。
そこで急がないのであれば直販サイトの方が安いと良いと聞き、直販サイトで購入しました。

選んだパソコン

選んだパソコンはdynabook(東芝)のVZ72/J で昨年の夏モデルになります。
主なスペックは下記のようになっております。

CPU:インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
メモリ:8GB
画面:タッチパネル付き 12.5型ワイド
ストレージ:256GB SSD
光学ドライブ:なし
Office:なし
重量:1,099グラム
認証:顔認証、指紋認証どちらとも可

Officeについては有りも選べましたがoffice365を使うので無しを選択しました。

180度広げられます。

アクティブ静電ペンも付いていました(別に買うと9,720円)

メーカーの直販サイトで購入して、金額は129,384円でしたのでお買い得でした。
(海外メーカーであればもっと安いのはありますが)
今年の春モデルも有りましたが約1万円の差がありスペックが変わらないのでそこまでメリットは感じられませんでした。

持ってみた感想はすごい軽いですね
今まで使っていたプライベート用のパソコン(ゲーミングパソコン)は2.2Kgするので約半分の重さです。
持ち運びメインで考えてますので軽いに越したことはありません。

それと顔認証は便利すぎますね。
スタンバイや起動から何もせずに認証されるのはストレスなくていいですね。

モニターは12.5インチと小さいので作業する際には、デュアルディスプレイで作業する予定です。
デュアルパソコンも一つの手ですね。

編集後記

自由にパソコン決められるのはいいですね。
余裕で買い換えられるように頑張っていきたいです。

ABOUT ME
秋山 涼
令和に独立開業したひとり税理士です。自分のこと・考えてることなど発信していきます。